事前審査は通りましたが本審査は駄目でした何が違うのでしょうか

30歳になったのを機に妻とも相談してマンションを購入することにしました。とはいっても勿論多少の自己資金は別にして、残りは住宅ローンを頼るほかありませんので目ぼしい物件を探したところで住宅ローンの申込みをしました。事前審査も通ってもう大丈夫と安心していたのですが、本審査では落とされてしまいました。本審査の方が審査項目は多いのだろうとは思いますが、どのような点が事前審査と本審査では違うのでしょうか。

事前審査と本審査は審査内容が違い結果が違って来る事もあります

事前審査は仮審査とも呼ばれ、言葉から受ける印象としては、まず手始めとして基本的な審査をかいつまんで行って見ましょうというような審査だと考えてしまいがちで、実際に多くの人が事前審査と言うのは本審査で行う審査の一部を先行して行うような物だろうと考えているようですが実態はこの2つの審査の審査項目の目的は違うのです。現在では住宅ローンの他にも例えばカードローンのような場合にも仮審査と本審査に分けて行っているような場合も有ります。

どの金融機関も同じと言う訳ではないかもしれませんが、基本的には事前審査では申込者の収入を基にして返済能力について審査が行われます。住宅ローンで言えば年収からその人が月々どの程度返済していけるかどうかを計算して、融資希望額からはじき出した実際の返済額と比較して返済能力が有るかどうかを審査することになります。したがってあなたの場合には返済能力の点では返済していけると判断されたため、事前審査は通ったと言うことでしょう。

これに対して本審査は信用情報の審査が主眼に行われることになります。例えば以前他のローンを滞納したとか、かつて債務整理をしたと言うような情報が残っている場合には事前審査が通っていたとしても本審査が通るのは難しくなります。最近多くなってきているのは携帯電話料金の滞納です。若いころは滞納したとしても気にせず使っていますが、実は将来に影響するような事も有る訳です。あなたの場合も本審査に落ちたと言うことは信用情報に何か問題が有ったと考えてください。

そこでまず原因をはっきりさせなければなりません。問題は信用情報にどのような問題が有るのかなかなか分からないことです。あなたの場合も住宅ローンに申込みをしたと言うことはあまり自覚は無いと考えられます。そこでまず、これまで各種料金の支払いやクレジットカードの支払いに問題が無かったかどうかを思い出してみましょう。もちろん銀行や消費者金融でローンを利用してその返済が行き詰ったと言うようなことが有ればそれが原因と考えられます。よく思い出してください。

どうしても分からない場合には、信用情報を閲覧することも可能です。信用情報は各業界ごとに持っていますので住宅ローンであれば銀行で利用している信用情報の閲覧を申込んでください。この信用情報の記録は債務整理などの情報の場合通常10年、その他の情報は通就5年保存されます。したがってあなたの場合にも、その期間は住宅ローンを申込んだとしても審査に通るのは難しい筈ですので、マンションの購入は先に延ばすか、別の方法で資金を調達する必要が有ります。

キャッシングの事前審査と本審査で結果が違うことがある!

キャッシングを申し込むと、審査を受けなければいけません。キャッシング申し込みと審査、契約というのはセットのようなものですから、基本的に避けることは出来ないものとなっています。審査に落ちたくないなぁ…と考えるのは普通でしょうし、通るところに申し込みをしたいって思うでしょう。審査には事前審査と本審査があって、事前審査で通ることが出来れば本審査も大丈夫だろうという判断ができます。ただ、事前審査で通ることが出来ても本審査で落ちてしまう、事前審査と本審査の結果が違うというのはあり得る事なんです。

事前審査って本申込み前に実際より少ない情報、書類提出などで簡易的な審査を行うというものになっているんです。だからと言って審査のハードルが低くなっているという事ではないのですが、年収や勤続年数、他社借り入れ件数など特定の基準さえクリアえしていれば審査に通ることが出来る場合も多くなっています。事前審査に通らなければ本審査に臨むことは出来ないので、まずは事前審査に通ることは必須です。事前審査で落ちて本審査で通る、ということは基本的にありません。

一方、本審査では個人信用情報のチェックが行われます。個人信用情報にはクレジットカードやローンを申し込んだという記録が6か月間、クレジットカードやローンの利用・支払い・返済情報が5年間、クレジットカードやローンの利用記録を照会した記録が6か月間登録されています。利用情報が5年間登録されるので、返済や支払いが滞ってしまった記録なども5年間は残ってしまうという事になりますね。新しくローンを申し込むときには、きちんと返済されなかったという情報はマイナスポイントになります。年収などの条件が良くても信用情報に問題があれば本審査で落ちてしまうことがあるというのはこの為です。きちんと利用してくれる人を選ぶ、それが審査の目的です。事前審査でOKでも本審査で落ちてしまう事もあるということは知っておきたいですね。

私はこんな理由で借りました!

返済中でもキャッシングできた

今借金返済してるんだけど、返済中でもお金が必要になる場面って出てきて困ってた。本当にちょっとした金額だけだから、キャッシングが使えれば助かるのにと思って申し込んでみることにしたんだよね。

借金返済してるから難しいと思ったけど、希望限度額が低かったからか何とか利用できるようになった。本当に助かったよ。そんなに利用する機会を作らない様にしてるけど、どうしても必要な時にキャッシングができるっていうのは安心だよね。

他に借金がある場合でも、借金の金額と希望限度額次第では新規キャッシングを利用出来るっていうのは救いだった。もちろん人によるかもしれないけど、少なくとも自分は本当に助かったよ。

生活費が不安な時に便利です

毎日の生活を計画的にしているつもりでも、服を買い替えたり仕事に必要なものを買い揃えたりしているうちに、次の給料まで生活ができるのかと不安になることがあります。

もともと派遣で給料がそれほど高くないことも一因かもしれませんが、そんな時には本当に不安な気持ちになるんです。それでも生活して行かなければいけません。そんな時、私はカードローンに頼ります。これも一つのやりくりだと割り切って使っています。

返済さえきちんとすれば借り入れは簡単だし返済方法もたくさんあるし、とても便利なものなんですよ。早めに返すことを心掛ければ、利息もそれほど付きません!

最高のホームシアターに手が届いた

生まれてこの方、映画というものが好きで好きでたまりません。学生の頃から少ない小遣いを節約しては、安い映画館に通うのが日課でした。それは大学生になりアルバイトで小金を稼ぐようになっても、社会人になっても変わりません。

しかし、映画館に通うのも大変です。家族サービスをしなさいと妻に突かれながらそっと外出するのも限界。ホームシアター設備を我が家に導入することに。コツコツ貯めていた映画貯金を切り崩し、ホームシアターを購入しようかと思った時、これ以外ない! と思うちょっと高い設備に出会いました。すぐに借りられるネットキャッシングを利用することに。

店頭在庫限りだったので急いでいたのですが、最高のホームシアターに手が届きました。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【事前審査と本審査】知っていれば得する審査の違いとその理由 All Rights Reserved.